「学びの変革」
「学びの変革」について
作問の工夫
授業の工夫

呉昭和の「学びの変革」

「学びの変革」について

 グローバル化の進展や人口減少など変化の激しい社会を生き抜くことのできる 資質や能力(学び続ける力)の育成が必要です。そのためには、「知識を問う」、 「計算などの処理能力を問う」等に偏りがちであった従来の授業スタイルや試験問題から 脱却し、知識や技能を習得させた上で、「知識を活用し、 協働して新たな価値を生み出す」ことを重視した授業づくり、課題設定が 求められています。広島県教育委員会では、 「広島版『学びの変革』アクションプラン」 を策定しました。
 呉昭和高校でも、いま以上に、興味・関心をもって取り組めるような試験問題や 授業づくりをおこなうこと、また、生徒の思考力や判断力、表現力を育て、それらを 適切に評価することを目的として、次のような新たな取り組みを進めています。


Copyright(C)Kure Showa High School 2015. All Rights Reserved